東京のAGA治療ランキング第9位の東京AGAクリニックの魅力

AGAの治療で最も大切なのは、医学的な治療が必要であるという点であり、発毛サロンなどの医療機関ではないところでは処方も行うことができず、そうしたところで治療を行っても髪が生えることはなく、頭皮の状態を改善することで抜け毛の予防はできたとしても、本当の意味での発毛の効果を得ることは困難です。一般的な皮膚科などの病院では、治療のためのノウハウをはじめ、治療に使用できる薬剤の選択肢にも大きな違いが出てきます。治療で薬を飲むことも必要になることがありますが、AGA治療の薬剤では大きな副作用は報告されていないものが多くても、副作用の可能性に関してもきちんと説明してもらえる所かどうかという点もクリニック選びには大切です。万一のトラブルの際にも、すぐに対応してくれる医師がいるところを選ぶことです。AGA治療には単発ではなく、ある程度の期間通院する必要があります。信頼できるスタッフであるかどうか、そして治療の技術の高さはもちろんですが、アフターフォローもしっかりとしており、安心して任せせることができる環境選びが大切になります。

 

 

東京AGAクリニックは発毛育毛専門クリニックで、最先端の発毛治療により、医学的根拠に基づいた総合薄毛治療を提案するクリニックです。育毛サロンに行ってみたけれど料金が高いのに効果を感じられない、育毛剤などをいろいろ試したけれど効果が出ない、発毛シャンプーを使っているけれども変化がない、男性型脱毛症のAGAは進行性のため、放置していると髪の毛が減ってしまい、薄毛はさらに進行してしまいます。髪が細くなったりコシが無くなった、抜け毛が増えたと感じられる人はすでにAGAが始まっている可能性があり、すぐに治療が必要です。

 
AGAの原因の一つは男性ホルモンですが、本来なら髪を生やすはずの男性ホルモンが、ダクターゼという酵素によってDHTというホルモンに変換され、それが毛乳頭細胞にある受容体と結合し、髪の成長を抑制すると言われており、髪の毛がきちんと成長する前に抜けてしまうため、ヘアサイクル全体が乱れ、頭皮が薄毛の状態になってしまいます。

 

 

AGAの治療薬として挙げられるのがフィナステリドで、これは脱毛を防ぐ働きがありますが、すでに薄毛に悩んでいる人にはそれだけでは不足で、発毛を促すミノキシジルという成分も必要です。この2種類の成分は日本皮膚学会が発毛効果のある成分としてAランクに指定しているものですが、東京AGAクリニックではAGA治療内容にこの2種類をダブル配合したAGA治療薬を処方しており、6か月以内に95パーセントの人が発毛を実感していると言われ、頭頂部や前頭部のM字部分など、どんなタイプにも効果があり、さらに最先端治療プログラムのAGAメソセラピーによって髪の成長に必要な発毛成長因子を小さな針で直接頭皮に注入し、毛母細胞に働きかける治療で、髪の毛を作る力を蘇らせてくれます。

 
日本でも数少ないAGA専門のクリニックで、頭皮の状態をはじめ、生活環境や遺伝的な要因なども考慮して治療してもらえます。クリニックには専門カウンセラーもいるので、今現在の髪の状態や髪の悩みについてもじっくりと聞いてもらえ、発毛後のアフターフォローまで料金に含まれているので安心で、東京のAGA治療ランキングの9位にランクインしており、口コミでも高い評価を受けています。どのクリニックの住所も駅から徒歩5分圏内というアクセス良好なところも良いポイントで、優れた技術によるAGA治療を受けられるのが魅力ですが、費用が決して安くはなところは悪いポイントなので、事前にしっかりと確認し、不安に感じる点などはきちんと解消しておくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です