育毛サロンとAGA治療専門病院の違い

髪の毛はほぼ全ての人において男性女性に関わらず大切なものであり、例えば髪型のセットが決まると嬉しくなったりイメージチェンジをするためにヘアースタイルやカラーリングを変えてみたり、人の気分やムードにも大きな影響を与える重要な要素といっても過言ではありません。それほどまでに大事な髪の毛だからこそ、いざ抜け毛や薄毛といった症状に直面した時には、生活習慣の見直しや洗髪方法の改善、洗髪料を上質なものに変えてみたり美容院で特別なケアをしてみたりとさまざまな方法で対応を試みるはずですが、それでも目に見える効果が見られない場合にはいよいよ専門施設の受診を選択せざるをえなくなるわけです。しかしながら、世間には育毛・発毛に関する専門機関でもいろいろな呼び方があり、「育毛サロン」であったり「AGA治療専門病院」であったりと耳にするけれども明確な違いがわからないものが非常に多くあって悩んでしまいます。その両者にはどの様な違いがあるのでしょうか?

 

まず、育毛サロンとは頭皮の状態を改善し血行促進や老廃物除去を目的としたサービスを提供している施設のことを指しており、このような頭皮ケアをすることで頭皮環境が良くなり育毛に効果があるとされています。育毛サロンではヘッドスパをはじめとし、生活習慣のカウンセリングや一人ひとりに合ったシャンプーでの頭皮洗浄、マッサージなど医療的な施術とは異なり医薬品を用いることのない施術が主体であるため、副作用等が気になる方には安心して利用できるかもしれません。医療的な施術でなくとも育毛サロンでは生活環境からの見直しやダメージのケア、血行促進によるリラックス効果などで育毛にアプローチすることができ、また、完全個室でサービスを提供しているサロンも多いという点も周りの目が気になるという方には嬉しい点です。
一方のAGA治療専門病院は、AGA(男性型脱毛症)の専門医が治療を施す専門の医療機関であり、ここでは医学的に発毛への効果が認められた医薬品による施術を受けることができます。具体的には、AGAの原因である悪玉男性ホルモン・ジヒドロテステステロンの生成を抑えることで脱毛を抑える内服薬のプロペシアや血行を促進しながら髪の毛の毛根まで栄養素を届きやすくすることで発毛を促すミノキシジルといった医薬品が治療に用いられており、このプロペシアとミノキシジルは元々、前立腺肥大症の治療薬と血圧降下剤としてそれぞれ使用されてきたものが副作用として脱毛の”ブレーキ”と発毛の”アクセル”として作用することが判明し、アメリカの公的機関FDAによってその発毛効果が認められたという背景を持っています。つまり、AGA治療専門病院で行う治療は抜け毛や育毛を1つの”病気”として捉え、その治療のために人類の最新の科学技術を応用したものであるとも言え、育毛サロンのように気楽にサービスを受けづらいという面はあるものの、ここでは本気で直接的に抜け毛・薄毛にアプローチすることができるのです。

 

最近は育毛サロンのみならず、専門医が勤務するAGA治療専門病院が一般的になってきたとは言え、「抜け毛・薄毛治療のためにわざわざお医者様に診てもらうなんて、大袈裟だ」と思っている方もおられるのではないでしょうか?しかしそれは裏を返せば、抜け毛や薄毛が多くの人にとって切実で真剣な悩みであるとともに1つの”病気”として現代科学では捉えられているということであり、抜け毛・薄毛で悩んでいる方は個人の症状や悩みのタイプに合わせて専門病院や育毛サロンといった機関を、なんら恥ずかしがることなく積極的に利用していくべき時代になったということなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です