AGA治療ランキング6位に位置する東京の聖心美容外科はカウンセリングや内服薬から整形や漢方などを複合的に使用

頭髪はその人の外見を決定付ける上で大きな要素を占める部位のため、ひとたび薄毛症状に苛まれると容姿に自信が持てなくなるばかりか、仕事や恋愛などにも積極的になれなくなったり、鏡の中の自分を見つめるたびにストレスを感じてしまう人も少なくありません。そういったジレンマを克服するにあたり、クリニックを活用した専門治療を活用することは大いに効果があることと言えるでしょう。これらの薄毛をもたらす原因として最近特に注目を集めているのがAGAという病気です。男性ホルモンが過剰に働くことで頭髪の成長を妨げる物質を分泌するこの病気は、専門治療によってその物質を抑えることが可能で、とりわけそのこの毛髪再生外来に力を入れ、多くの患者からの支持を集めているのが聖心美容外科です。

 

 

 

AGA治療ランキングでは6位にランクインするほどの人気と信頼を勝ち得ているこのクリニックは、日本国内に9院と、上海に1院を擁して高い品質の施術を提供しており、東京エリアで探すならば、東京都港区六本木6−6−9という住所に位置する東京院がアクセスしやすく便利です。六本木駅より徒歩3分圏内なので通いやすく、夜間受付もしているので仕事帰りのサラリーマンなどの利用も多く、口コミでもその利便性の高さが支持されています。

 

 

 

ここでのAGA治療内容としては、薄毛になると過度な精神的なストレスが覆いかぶさり、そのために更に薄毛が進行すると言うスパイラルに陥るので、まずは担当医師がついて過度な心配を抱え込まないように精神的な支えとなってフォローし、単に薄毛の進行を止めるだけでなく、発毛および、若い頃のようにフサフサの状態に戻りたいという願いに応えるべく、様々な施術法を実施しています。その上で50日分で2万円ほどかかるミノキシジルや一ヶ月で1万円ほどにのぼるプロペシアといった薄毛治療の代表的な内服薬の処方はもちろんのこと、他にもグロースファクター再生療法との複合療法を提案して総合的な効果を模索しています。

 

 

 

このグロースファクター再生療法とは、発毛のために有効な5つの成長因子を組み合わせた薬剤を注入することによって、毛髪再生のために必要な細胞の増殖を促す特殊な働きをもたらすという施術法で、こうした試みをあわせて行うことで薄毛や抜け毛の進行を止め、頭皮の毛髪成長シグナルを正常化し、育毛や発毛に向けたより積極的な取り組みが可能となります。また似たような効果のうたわれるHARG療法に比べて費用的にかなり安価に収まるのも良いポイントで、8回にわたる実施にかかる価格は税抜きで32万円ほどとなります。

 

 

 

さらにARTAS植毛法を使って自身の元気な毛を採取して植毛する取り組みも実施しており、たとえば後頭部から採取した毛髪はAGAの原因となる男性ホルモンによる影響をほとんど受けないため、こうして新たに植毛された毛髪は元気に生き続けることとなります。費用的に80万円から120万円ほどがかかるこれらの施術では、ロボットアームを用いて傷跡が大きくならないように細心の注意が払われていますので従来の同様の施術に比べても大きな効果が期待できます。

 

 

 

このように聖心美容外科では問診や触診、カウンセリングはもちろん、内服薬の処方や整形手術、さらに漢方を用いた体質改善に至るまで様々な取り組みを複合して結果を出そうとする取り組みが顕著に見られます。さらに自宅でも気軽に毛髪改善に取り組むことのできるようにKIPスカルプヘアを提案しているという特徴もあります。同シリーズのシャンプー、コンディショナー、エッセンスなどを活用することで通院治療している時以外でも効果を実感できることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です